シーリングワックス(封蝋)のブログです。コレクション、使い方など思いつく限り更新します。2008年5月22日に「シーリングワックスの本(誠文堂新光社)」という本を発売しました!


by misaking_net
久しぶりの更新です。
ブログのログイン方法すら忘れているくらいの放置でした(汗)

ひさしぶりの更新のワケは、表題の通り、
「増補版 シーリングワックスの本」のお知らせです。
6年前に発売したシーリングワックスの本を16ページ追加し、
新作アイデア、コレクションを追加、使い方も見直して、先日発売になりました。

コレクションのページでは、6年前にはなかった国内メーカーのスタンプや、
あのジョヴァンニさんのオリジナルスタンプを新たに紹介しているほか、
ここのブログでも紹介した、海外で購入した物、お土産品などなど、ページを増やして紹介しています。

使い方のところも、6年前は詳細に説明しきれなかった部分を写真入りで補足したり、
6年経って、ちょっと直した方が良いかな?と思う部分を少々改定しています。

もちろん、ショップ情報も更新しています。
吉祥寺のジョヴァンニさんも、ちょうど池袋店をオープンしたというタイミングでした。
(そんな忙しいさなかに今回も何かと協力して頂きました(感謝))

16ページ増えていますが価格は前回同様。

もし機会があれば、ぜひお手にとって頂ければうれしいです!

表紙デザインは…
前回と同じ…に見えますが、実はちょっと変更されています。
間違い探しのようなデザイン。どこが変わったかわかります?

写真は、奥が旧版。手前に積んであるのが今回発売になった増補版です。

e0094760_1643536.jpg
[PR]
# by misaking_net | 2014-11-11 16:45 | BOOKS
先月、こちらの本を出版させていただきました。
『スクラップブックアイデア帖』(誠文堂新光社)
e0094760_12371549.jpg

私を含め、8人の作家さんによるスクラップブックのアイデア本です。
写真をかわいくコラージュする「スクラップブッキング」とはちょっと違う、「スクラップブック」の本です。
写真のみならず、チケットや服のはぎれ、押し花、お菓子の袋、カフェの袋などなど、
思い出として残しておきたいものを、かわいくスクラップしておこうという趣旨で作りました。
もちろん、スクラップブッキングのアイデアソースにもなると思います。
(スクラップブッキングの作家さんも参加されています)

そんな本の中で、シーリングワックスをちょこっとだけ紹介させていただきました。
あくまで、スクラップブックの飾り付けのための道具としてですが。
作品としては2つほど。
それと、簡単な使い方の解説をちょこっと。
当然、シーリングワックスの本のようにたっぷりとは紹介できませんが、
存在を全く知らない人に「こんな道具もあるよ」とお伝えすることができたらいいなぁと思って掲載しました。
e0094760_12461092.jpg

本屋さんで、立ち読みでもかまいませんので、ちょっと手にとって頂けるとうれしいです。
[PR]
# by misaking_net | 2011-02-04 12:49 | BOOKS
2年近く経ってしまいましたが、久方ぶりの更新です。
日に日に寒さが増してきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回はスタンプコレクションです。
1年近く前に行ったフィンランドで購入した、アンティークのスタンプです。
e0094760_20382377.jpg

ヘルシンキ中央駅よりトラムで15分くらい?(だったかな?)の場所にある、
アンティークモールにて購入しました。
e0094760_20384411.jpg

中はこんな感じ。
e0094760_20385637.jpg

食器や切手、がらくたのようなものまで売っています。
フィンランドと言えば食器のブランド、アラビア社&イッタラ社の国。
食器などはそういったブランドの掘り出し物が見つかったりします。
休日などは、ここのモールの表にある広場で蚤の市などが開かれています。

シーリングワックスと言えば、やはりアンティーク。
とはいえ、フィンランド自体はイタリアなどのようにシーリングワックスになじみのある国ではありません。
置いてあるお店はたったの1件でした。
いろいろな銀製品(スプーンや付けペンなど)に紛れて売られていました。
たしか購入金額は1つ60ユーロほど。
印面の彫りはあまり綺麗ではありませんが、ペリカンの形をしたスタンプは置いておくだけでも素敵です。
印面は、おそらく結婚式などに使用したのか、イニシャル2つの組み合わせのものが多かったです。
この2つも、「E&H」と「G&S」です。

フィンランドでいろいろなお店を見て回りましたが、シーリングワックスを見かけたのは
ここのモールだけでした。
フィンランドと言えばハイテクの国。
どこに行っても(コンビニでも)クレジットカードは使えるし、インターネットも不自由しません。
世界シェアナンバー1の携帯電話NOKIAのお国です。
アンティークな文房具とは、あまり縁のない国なのかもしれません。
でも、人は皆とても優しいし、歩いていても危険を感じることも少なく、とても素敵な国でした。
日本から一番近いヨーロッパ。おすすめの国です。
[PR]
# by misaking_net | 2010-11-11 20:40 | スタンプコレクション

インド製ワックス

2月のはじめに、東京ビックサイトでギフトショーが開催されました。

「LOVERS INDIA」さんという、
インド製品の輸入販売をされているショップのかたからご招待を受け、私も行って参りました。
ギフトショーではいろんなバラエティに富んだ製品が展示されている中、
LOVERS INDIAさんはステーショナリーコーナーにて、
インド製のノートや紙、そしてシーリングワックスを展示、実演されていました。
私もサンプルでラメ入りワックスを1本頂いておりましたが、
こちらの製品はまず、「量が多く安い!」そしてシェラックや松ヤニなどの天然素材を使っているのに
色がとても「カラフル!」なのです。
e0094760_6584259.jpg
(↑ノーマルタイプのワックス。横に置いてあるスティック状のものはラメタイプ)

e0094760_6585640.jpg
(↑パール入りとラメ入りタイプ)
長さはおよそ15cm、価格は450円〜。
ハードタイプなのでパリッとした質感でつやがあります。
合成ゴム系のワックスではカラフルな色味は多いですが、
天然素材系で他ではあまり見ないようなディープピンクやマスタード色など、かわいい色がたくさんあります。
インドの職人による手製ということで、製品一つ一つはばらつきがありますが、使用にはとくに問題はありません。
とにかくコストパフォーマンスがいいので、ワックスは値段がちょっと…と思っているかたにはお薦めの商品です。
ショップの担当さま(マサラティー番長さん)いわく、インド製のスタンプも現在開発中です!とのことなので、
(ギフトショーでは開発途中のスタンプも置かれていました)
味のあるお手製スタンプが発売されるのを楽しみに待ってみたいと思います。

http://item.rakuten.co.jp/loversindia/nw-hot/
お店は楽天市場になります。

※3/20サンプル写真追加しました。
[PR]
# by misaking_net | 2009-03-01 22:59 | 販売店情報
先月行ったイタリアでの目的の一つ。
ルビナートのショールームへ行ってきました。
場所はフィレンツェ。
フィレンツェでは古い町並みにとけ込むようにたくさんの小さなお店が並んでいます。
ウフィッツィ美術館の出口側の細い路地を入っていったところにルビナートはあります。
e0094760_1754469.jpg
写真では真ん中の明るいお店がルビナートです。
お店自体はそんなに広くありません。イタリアのお店は入り口も狭く、奥に長い間取りが多かったです。
入ってすぐのところにディスプレイがあり、入り口近くにシーリングワックスのコーナーがありました。反対側の棚には鉛筆や消しゴム、便せん、ノートなどがあり、奥の方にはガラスペンや羽ペン、方位磁石やインク瓶などがおいてありました。
シーリングワックスは、国内でも売られているタイプのものがほとんどで、目新しいものは見かけませんでしたが、ワックスなどのかけらを集めたまとめ売りなんかもしていました。

e0094760_1714244.jpgこの日シーリングワックスで購入したのはイニシャルのアラベスク模様のタイプのみ。他にシーリングワックスとは別に、イニシャルのスタンプとインク瓶、羽ペン、ノートなどを購入。
シーリングワックスのメーカーとはいえ、他の文具屋さんでもルビナートの商品は扱っているところが多かったうえ、その後入った別のお店ではガラスペンや羽ペンがセールされていたり。イタリアではどの文具屋さんへ行っても楽しめました。

e0094760_1815970.jpg

[PR]
# by misaking_net | 2009-01-15 18:05 | メーカー

イタリアにて

先日、イタリアへ行って参りました。
e0094760_4404233.jpg

イタリアといえば、シーリングワックスを扱っている文具メーカー、
「ルビナート」のある国です。
どの文具店を見ても、やはりルビナートの製品をおいてあるお店が多く、
シーリングワックスに限らず、羽ペンやガラスペンなど、たくさんのアンティーク文具を見ることができます。
「シーリングワックスの本」でも、吉祥寺ジョヴァンニの高梨さんがイタリアの旅のレポートをしてくださっています。

イタリア滞在中は、ルビナートのショールームへ立ち寄ったり、
通りがかった文具店にふらりと入ったり、
バチカン博物館で思いがけないものに出会ったり…といろいろありましたが
(機会があれば、ここでまた書きたいと思いますが)
旅の最後、お財布にわずかなユーロが残った状態で、ローマの空港にて出会ったもの

e0094760_4212829.jpgパッケージにローマのスペイン広場の写真が入った、ルビナートのワックス&スタンプセット。
スタンプの絵柄は花模様でしたし、ルビナートの製品自体は日本で手に入りやすいですが、イタリア(ローマ?)限定?と思えるパッケージにおもわず購入してしまいました(笑)
ちょうどユーロが安くなっている時期でしたので、日本円にして約1750円くらいでした。

イタリア…特にフィレンツェはアンティーク文具好きにはたまらない国でした。
[PR]
# by misaking_net | 2008-12-22 04:30 | 雑学

円高に便乗

円高ですね。現在1ドル約94円です。

まさかここまでドルが落ちるとは思っていませんでした。
2週間ほど前の、まだ1ドル98円前後の頃に
久しぶりに海外サイトLETTERSEALS.COMにて注文してきました。

新しい商品が増えていたのと、
友人へのプレゼントにイニシャルシールをいくつか仕入れたかったのが目的です。

とても久しぶりだったのですが、ショッピングカートのシステムが、昔とちょっと変わってしまっていました。おかげで少々手間取る羽目に。
注文した際に
「注文完了、このページをプリントアウトして控えておいてください」みたいなページが出るのですが、それが注文確認となっていて、注文後、先方からの自動配信メールがありません。
てっきり、注文が最後まで完了しなかったのかも?と思ってもう一度注文してしまい、二重オーダーになってしまいました。
あわてて2回目の注文をキャンセルし(メールを送りました)、2〜3日後に「発送しました」というメールが無事に届きました。

しかしながら、今回は発送のお知らせから到着までに約2週間かかり、
1週間を過ぎた頃から気が気ではありませんでした。
とにかく、荷物の紛失が一番心配。
あげく、数日後に外国人から電話がかかってきたので、
一瞬シーリングワックスの荷物に何かあったのかと不安になってしまいました。
(たぶん、ただの間違い電話)

1ヶ月は様子を見ようと思っていたところ、本日無事に荷物が届き、
ほんとーーに心底ホッとしました。
毎回、海外通販は心臓に悪いです。

e0094760_248100.jpg

e0094760_243370.jpg

[PR]
# by misaking_net | 2008-10-28 02:06 | 海外通販
ごぶさたしております。
忙しさにかまけてさぼりぎみのブログですが、たまには更新を…。

文房具のフリーペーパーをご存知でしょうか?
その名も「BUN2(ブンツウ)」
e0094760_1345776.jpg

私もこのフリーペーパーを今回初めて手にしました。
いろんな文具の新製品などが紹介されていて、ステーショナリー好きは結構楽しめます。
偶数月1日に発行しているそうですが、そちらのvol.19(8月号)にて「シーリングワックスの本」が紹介されております。
3名様への読者プレゼントになっていますので、興味のあるかたはぜひ応募してみてください。
こんな感じで読者プレゼントとして掲載される事がたまにあります。
だいぶ前ですが新聞記事にて10名様への読者プレゼントとして紹介された事がありますが、その時もとてもたくさんのご応募をいただいたとの事…。
とてもうれしい。そして同時にそれだけ興味を持っている人が居るんだなー…なんて実感。
シーリングワックスを、床に塗るワックスと思う人も未だに居ます。
ちょっとでも認知度が上がるとうれしくなりますね。
[PR]
# by misaking_net | 2008-08-30 13:54 | BOOKS
シーリングワックスの本の中でも紹介しています、シグネットリング。
今回、「いせ工房」さんにてオーダーメイドいたしました。
e0094760_215456.jpg

人差し指用です。カメオの女性の横顔イメージで作ってもらいました。
e0094760_212737.jpg

e0094760_2122348.jpg


機械彫りではなく職人さんの手によるものなので、単純な凹凸ではなく、ふっくらした頬のふくらみやまぶたの雰囲気なども細かく表現されています。
制作過程と価格については本に記載しているので割愛するとして…

作っていただいてから、お出かけの際は結構着用しています。
素材が真鍮のため、すでにくすんでいますが逆に良い味を出してきています。
当初、イニシャルのみのデザインにするか、複雑なカメオ風にするかで見積もりをとっていただいていました。
また、リングの側面にも装飾を施すかどうかも見積もりをしていただき、
シンプルなリングタイプ&カメオ風ということで落ち着きました。

いせ工房さんではフルオーダーメイド以外にもセミオーダーなどでシーリングスタンプの商品があります。
e0094760_320256.jpg

(写真:いせ工房さんHPより)
ネズミくんと犬くんのペンダント&スタンプ兼用モチーフ。
これはめちゃくちゃ可愛い! 持ち手がモチーフになっているものは過去に海外通販でも購入したことがありますが、やはり安い大量生産品とは出来が全く違います。
いせ工房さんでは持ち手が逆立ちした猫の肉球シーリングスタンプも近日発売予定とのことで、猫好きの方にはオススメかも?
e0094760_5232772.jpg

(写真:いせ工房さんHPより)
[PR]
# by misaking_net | 2008-06-16 05:35 | スタンプコレクション
久しぶりに本以外の記事を書きたいと思います。

あの猫のダヤンでおなじみ、わちふぃーるどのシーリングワックスが発売されました。
…正確には発売されていました。
今年の3月に新商品として発売されたのですが、製造個数が少なかったこともあり、
即完売してしまったようです。
もしかすると、まだどこかのショップには在庫があったりするのかもしれませんが…。
(私も気付いたのが4月末でしたので購入はしていません。)
印面はダヤンの顔とW.F(わちふぃーるど)のイニシャル。ダヤンの頭上には★マーク。
ワックス1本付きのセットです。
e0094760_831750.jpg

e0094760_8314435.jpg


このシーリングワックスセット、製造されたのは「シーリングワックスの本」でもご協力いただいた「(株)シールド」さんです。
(実は取材の時に、チラッとわちふぃーるどのシーリングワックスの話は伺っていたのですが、すっかり忘れていました。)

後日談ですが、シールドさん「ワックスは一本一本丁寧に研いて梱包したんですよ。自社の商品が皆様の元に届くことほど嬉しいことはないですね」とおっしゃっていました。

ちょっとお高いですが、わちふぃーるどのシーリングワックス、「好評につき再販!」なんてことがあるといいですね。
[PR]
# by misaking_net | 2008-06-11 08:33 | スタンプコレクション